「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」グレッグ・マキューン

2023 07/20

エッセンシャル思考とは、99%の無駄なことを捨てて1%の重要なことに集中する方法です。無駄なサブクエストに忙殺される現状から抜け出し、大切なことに集中することで成果を最大化します。

「エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする」の要約・あらすじ

メインクエストに集中する重要性


他人から押しつけられたサブクエストに囚われるのではなく、自分のメインクエストに集中することが大切です。自分がやりたいことを実現するためには、他人の期待に振り回されずに自分の道を進む必要があります。


過大評価と自意識過剰から解放される


人は自分を過大評価する傾向があり、どうでもいいことまで自分がやらなければならないと思い込んでしまいます。エッセンシャル思考を身につけることで、自意識過剰から解放され、大事なことに集中できるようになります。

他人の仕事を引き受ける罠


他人の仕事を引き受けてしまうと、自分が本当にやりたいことを後回しにしてしまう恐れがあります。自分のメインクエストに集中し、他人の期待に振り回されないようにしましょう。

無駄なことに囚われない

エネルギーや時間の有限性について認識し、重要なことに集中することの重要性が強調されています。自分のエネルギーや時間を無駄に消耗せず、選択に慎重に力を注ぐ必要があります。家庭、健康、家族、恋愛、趣味など、多くの選択肢がある場合でも、すべてを手に入れることは難しいと述べられています。スティーブ・ジョブズがいつも同じ服を着ていることを引用し、重要なことに集中するために不要なものを捨てることの重要性が強調されています。

エネルギーと時間の大切さ



エネルギーと時間の有限性に気づき、無駄な活動に時間を浪費しないことが重要です。選択に慎重に取り組み、本当に重要なことに集中することが成果を最大化するポイントです。


一点に集中する重要性



多くのことに手を出すよりも、一点に集中することで大きな進展が可能です。投資家にも言われるように、「一点突破」とは重要なことに集中することで突破口を見つけることを意味します。


他人のサブクエストに注意せよ



他人の関心事にエネルギーや時間を費やすのではなく、自分に重要なことに集中することが重要です。自分の仕事とは関係のないことには"No"と言う勇気も大切です。

忙しい時にも大切なのはじっくりと考える時間


忙しい時や寝不足の状態では自分が何をしたいか考えることが難しい。まずは考える余裕を作る必要があります。目の前の仕事に追われず、自分自身について考える時間を持つことが重要です。

孤独な時間で本心の声を聞く


人間は孤独な時間を持たなければ、本心の声を聞くことができません。周囲の人々からの無駄な意見やノイズが多すぎるため、自分のやりたいことを実現するのが難しくなります。他人の意見に振り回されず、自分の本心を知るためには深い孤独を用意することが必要です。

やるかやらないかの基準


やるかやらないかの基準として、90点以上のやりたいこと以外はすべて捨てることを勧めています。迷うようなことは重要ではないとし、厳格な基準を持つことで、自信を持ってYesかNoを決めることが大切だと説いています。

断り方の重要性

上手な断り方が成果を最大にするために重要です。決断することは選ぶことではなく、自分が生きたいように生きるためには、上手な断り方が必要だと述べられています。無駄だと感じた場合は保留するよりもすぐに断ることが良いとされています。

自分の時間を守る

時間の管理も重要なテーマです。自分の時間を守るためには、断ることが必要だと再度強調されています。ただし、関係を断つ必要はなく、相手から関係が終わったとしても気にする必要はないと述べられています。過去に切れてしまった関係は、むしろ幸運だったと考えるべきだと言及されています。

グレッグ・マキューンのエッセンシャル思考とは?

エッセンシャル思考とは99%の無駄のことを捨てて1%の大切なことに集中する思考法。自分がやりたいことを実現するために他人から押しつけられたサブクエストに囚われるのではなく、大事なことに焦点を合わせることが重要です。


エッセンシャル思考は、絶対に必要なことに集中する思考法。99%の無駄なことを捨てて、1%の重要なことに注力します。

エッセンシャル思考のデメリットとは

デメリット1:重要なことを見極めるのが難しい

エッセンシャル思考の最大のデメリットは、重要なことを見極めるのが難しいことです。

重要なことを見極めるための具体的な方法としては、毎日考える時間を取り、自分を見つめ直すことが推奨されています。

しかし、経験したことがないことを自分にとって重要かどうか判断するのは至難の業です。

例えば、新入社員が頼まれた仕事に対して、「自分にとって重要なことか?」を判断するのは難しいでしょう。

経験が長い上司の視野は広く、新入社員には見えていない仕事の意義や目的があるかもしれません。

まずは視野を広げるために1回やってみる・期限を決めて取り組む姿勢が必要です。

自分にとって重要かという基準を、やる前からやりたくない・めんどくさいと感じたときの言い訳に使わないように気をつけましょう。

単純に"自分の視野の中で重要だと思わないことはやらない"と判断するのは危険です。

デメリット2:嫌われるリスク・周りから浮くリスクを受け入れる



エッセンシャル思考を実践する際には、嫌われたり周りから浮いたりするリスクがあることを受け入れる必要があります。断られることで傷ついたり残念に思ったりするかもしれませんが、嫌われる覚悟と周りに流されない強い心が必要です。現実には難しい側面もあるかもしれませんが、断ることが敬意に変わり、マイナスにならない場合もあります。


部下に仕事を断られるリスク


エッセンシャル思考を実践する中で、部下に仕事を断られるリスクがあります。仕事の本質を見極める上司は、意味のない仕事を与えないでしょう。しかし、日本の社会では「空気を読む」習慣があるため、ストレートにエッセンシャル思考を実践すると、職場の人間関係が悪化する場合もあります。メンタルの強さと嫌われる勇気が必要とされるかもしれません。


定時に帰ったことによる仕事量増加


プライベートを大事にするために定時に帰ると、逆に仕事量が増えることもあります。エッセンシャル思考を実践しても、会社の残業が当たり前の体質であれば、マイナスの影響が生じることがあります。したがって、エッセンシャル思考を実践する前に、職場環境を適切に整えることが重要です。

デメリット3:トレードオフで視野が狭くなる


トレードオフを過度に意識すると、二者択一の状況に陥り視野が狭くなる可能性があります。成果を上げるためには何かを犠牲にすることもあるが、トレードオフを疑問視し柔軟に対応することが大切です。


エッセンシャル思考の影響により、無駄と考えチャレンジしなくなることで成長が阻害される恐れがあります。トレードオフを意識しすぎると視野が狭くなり、二者択一の状況に陥ることもあります。しかし、トレードオフの関係を疑い、人生の段階や状況によって重要なものが変わることを理解することが大切です。

トレードオフの考え方を見直す必要性


トレードオフは必ずしも二者択一というわけではなく、お互いの利益を高め合う可能性もあります。例えば、家族との時間を大切にしながら仕事を進めることで、家族の理解と協力が得られる場合があります。


人生の段階による重要性の変化


人生の段階や状況によって何が重要かは変わるものです。子どもが小さいうちは家族を優先することが大切である一方で、子どもが成長し仕事が重要に感じる時期もあります。将来の可能性を保ちつつ、適切な選択を行うことが必要です。

エッセンシャル思考は危険なのか?なぜ批判されているのか?

  • 過度な合理性と簡素化:エッセンシャル思考は、物事を簡素化し、重要な要素に絞り込むことを重視します。しかし、現実の問題や複雑な状況では、すべての要素を無視することなく考慮する必要がある場合もあります。過度な合理性や簡素化は、全体的な視点を欠き、重要な要素を見落とす可能性があると指摘されています。
  • 優先順位の難しさ:エッセンシャル思考は重要なものに焦点を当てることを提唱していますが、何が本当に重要であるかを判断することは容易ではありません。優先順位を決定するためには、主観的な価値観や状況による変動などを考慮する必要があります。この点において、エッセンシャル思考のアプローチは一部の人にとって適切ではないと感じるかもしれません。
  • 前例に頼った思考:エッセンシャル思考は成功した人々の経験や方法を参考にすることを奨励していますが、それに過度に頼ることで創造性や革新性が損なわれる可能性もあります。新しいアイデアやアプローチを生み出すためには、前例にとらわれずに挑戦することが重要です。
  • 文脈の無視:エッセンシャル思考では、文脈を無視して本質だけに集中することが求められることがあります。しかし、文脈を無視すると、周囲の状況や影響を理解せずに判断する可能性があるため、誤った結論に至ることもあります。
  • 忙しい社会における限界:エッセンシャル思考は効率性と成果に焦点を当てていますが、現代社会では多くの人が忙しく、緊張感のある状況に置かれています。そのような状況では、簡単にエッセンシャル思考を実践することが難しい場合があります。

これらの批判点は、エッセンシャル思考が完璧ではなく、すべての状況に適用できるわけではないことを示しています。一方で、適切な文脈や状況では有効なアプローチであると感じる人もいるでしょう。個人のニーズや目標に応じて、エッセンシャル思考を適切に活用することが重要です。

グレッグ・マキューンのプロフィール

シリコンバレーのコンサルティング会社THIS Inc.のCEO。エッセンシャル思考の生き方とリーダーシップを広めるべく世界中で講演、執筆を行い、アップル、グーグル、フェイスブック、ツイッター、リンクトイン、セールスフォース・ドットコム、シマンテックなどの有名企業にアドバイスをしている。

ハーバード・ビジネス・レビューおよびリンクトイン・インフルエンサーの人気ブロガー。スタンフォード大学でDesigning Life, Essentiallyクラスを開講。2012年には世界経済フォーラムにより「ヤング・グローバル・リーダーズ」に選出された。著書の『エッセンシャル思考』(かんき出版)は全米でも日本でもベストセラーに。

グレッグ・マキューンの名言

グレッグ・マキューンは、成功と成果を最大にするためのエッセンシャル思考に関する洞察と知恵で知られる著名な専門家です。彼の名言は、多くの人々に影響を与え、日々の生活や仕事において指針となっています。その中から特に力強く心に残る名言をいくつか紹介します。

  • 選択肢は限られているかもしれない。それでも選択肢の中から何を選ぶかはいつだって自分次第だ。
  • 何かに「イエス」ということはその他すべてに「ノー」ということなのだ。何かを選ぶことは
    何かを捨てること。
  • 「どれも大事」ではなく「大事なものはめったにない」
  • 選ぶ能力は誰にも奪えない。ただ、本人が手放してしまうだけだ。
  • 努力は大切だ。だが、努力の量が成果に比例するとはかぎらない。がむしゃらにがんばるよりも、「より少なく、しかしより良く」努力したほうがいい。
  • 忙しすぎて考える時間もないなら、それは仕事が多すぎる。シンプルな理屈だ。
  • 仕事が忙しくなればなるほど、考える時間もより必要になる。
  • 世の中には短時間睡眠で活動できる人もいるが、そういう人はたいてい疲労に慣れきっているだけだ。たっぷり眠って明晰に考えるという感覚を忘れているのである。
  • 非エッセンシャル思考の人はいつも、消極的な基準でものごとを選んでいる。
  • 自分の失敗を認めたとき、初めて失敗は過去のものになる。失敗した事実を否定する人は、けっしてそこから脱け出せない。
  • 見積もりが甘すぎる傾向になることは認めているのだが、目の前の仕事を見積もる段階になると甘すぎる見積もりをしてしまう。
  •     

  • 習慣は妨害に打ち克つための最強の武器だ。習慣がなければ、数知れぬ誘惑に勝つことは難しい。

グレッグ・マキューンの書籍

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする

本書『エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする』は、著名な著者グレッグ・マキューンによる実践的なガイドです。日々の活動や業務において、重要なことに集中し、成果を最大化するための方法論が紹介されています。

複雑な状況や多くの情報の中で、本質的なものを見極め、不要なものを削ぎ落とす「エッセンシャル思考」の重要性を解説し、その具体的な手法を指南しています。効果的な決断のためには、断ることも必要であり、上手な断り方も本書で学ぶことができます。

さらに、時間の管理に関するヒントや、他者との関係性を築きながら自分の時間を守る方法も示されています。無駄な忙しさから解放され、本当に大切なことに集中することで、成果を最大化し、より充実した生活を送るためのノウハウが満載です。

本書はビジネスパーソンや自己成長を目指す個人にとって、生産性を向上させるための貴重な一冊です。グレッグ・マキューンの知見と実体験に裏打ちされたアプローチは、誰もが実践できる実用的なアドバイスとして、多くの読者に絶賛されています。

エフォートレス思考 努力を最小化して成果を最大化する

本書『エフォートレス思考』は、成果を最大化するために努力を最小限に抑える方法について解説しています。著者は効果的な戦略を用い、簡単なアクションで驚くべき結果を得ることができるエフォートレスなアプローチを紹介します。

この本では、過度な努力やストレスに悩まされることなく、成果を出す方法を学ぶことができます。エフォートレス思考を駆使することで、時間やエネルギーを節約し、自己成長や目標達成に集中することができます。

著者は具体的な実践方法やエッセンシャルなテクニックを通じて、努力を最小化し、効果的に仕事をこなし、生活の質を向上させるヒントを提供しています。また、ストレスを軽減する方法や気持ちをポジティブに保つための心理学的手法にも焦点を当てています。

『エフォートレス思考』は、忙しい現代社会で成果を最大化したい人々や、ストレスを軽減して自己成長を追求したい人にとって、必読の一冊です。努力を最小限に抑えつつ、成功を手に入れるためのヒントや洞察を提供し、より充実した人生を送るための指針となるでしょう。

「マンガでよくわかるエッセンシャル思考」エッセンシャル思考の漫画版