自己啓発本・ビジネス書を読んで成長するためのコツ

みなさんが自己啓発本・ビジネス書を読むのには何か目標があってのことだと思います。何か悩みがあるとか、自分のビジネスに生かすためとか自己成長のためだとかだと思いますが、読むからには読む前と比べて成長していたいですよね。

しかし自己啓発本やビジネス書を読んでも無駄にしてしまう場合もあります。

せっかく自分の時間を使って読書に費やすのですから必ず自身の糧になるように自己啓発本やビジネス書を生かすべきです。今回は自己啓発本・ビジネス書を読んで自身を成長させるためのコツを解説します。

目的をもって本を読もう

自己啓発本・ビジネス書を読んで成長するには自分に合った本を選ぶことが重要です。
自分に合う自己啓発本・ビジネス書の選び方としては次の通りになります。

  1. 自分の興味や関心のある業種・ジャンルの本を選ぶ
  2. 本を読んで何を学びたいのか、何を達成したいのかを明確にする

自分の興味や関心のある業種・ジャンルの本を選ぶ

まずは自分が興味のある業種やジャンルを絞りましょう。
理由としては選ぶ業種やジャンルによって得られるものが変わってくるからです。
当たり前の話ですがお金の事なら金融や財テクの本を、マーケティングの本からはマーケティングの技術を学べます。話し方の本なら会話術が学べますし、時間術の本なら一日の時間の使い方が学べます。

本を読んで何を学びたいのか、何を達成したいのかを明確にする

本を読んで何を学びたいのか、どう自分を成長させたいのかを具体的に掘り下げてイメージしていきましょう。

例えば、「新しいスキルを身につけたい」、「視野を広げたい」、「コミュニケーション能力を向上させたい」、「上司との関係がうまくいかない」など、目的によって、読むべき本が変わってきます。

具体的な目的があると本を読む意欲が高まりモチベーションもあがりますので、読書も続けやすいですしより効果的に学ぶことができます。

目的をもって本を読もうことによって選ぶべき本が変わっていきます、まず今の自分が持っている目的や課題を明確にしてから本を選びましょう。

本の内容をメモにとりノートにまとめる

本を読みながらメモを取り内容をノートにまとめることで自身の成長へとつながります。
具体的な手法としては以下の通りです。

  • 為になりそうな部分をハイライトする
  • 著者の主張とその理由・得られる効果をハイライトする
  • 目次ごとの要約やまとめをハイライトする
  • 最後にそれらをノートにまとめる

やり方としては学校の授業と同じです、先生の話を聞きながら教科書の重要そうなとこに線を引いてあとでノートにまとめてましたよね。

ビジネス書や自己啓発の本なども同じです。大事なとこを抜粋してノートにまとめていくだけです。単純な事ですがこれが本当に効果的ですのでビジネス書や自己啓発本を読むときはかならずやってください。

ノートにまとめる効果としては次の事が挙げられます

  • 本の内容をより深く理解することができる
  • ノートを見て後で振り返ることにより情報を記憶しやすくなる
  • 学んだことを忘れずに実践することができる

ノートにまとめておくことで本のメッセージや著者のメッセージや教訓を明確にすることができ本の内容がわかりやすくなります。分厚めの本でも要約すると結構な短さになったりして驚くこともあります。

あと自分の言葉で要約してますので内容を記憶しやすくなりますし、読み返した時にもかなりの短時間で内容が思い出すことができます。

ちなみにノートに書くときにはマインドマップなどの図にしたり、箇条書きを使ったりなどしておくと、さらにわかりやすく内容をコンパクトにすることが出来ますのでお勧めです。

もう一つ大事なことで後でも書きますが本から学んだことを、実際に実践するときにそのまとめたノートが役に立ちます。ビジネス書を片手に仕事場に行くより、自分でまとめたノートを持ち込んだ方がなにかと便利です。

本を読みながらメモをとりそれらをノートにまとめることによって、内容を単純化できてあとで読み返すこともたやすくなり、本の内容が記憶しやすくなるメリットが得られます。

読書を習慣化してしまおう

自己成長のために定期的に読書をしましょう。定期的に読書をすることで知識が増え自己成長につながります。

始めは自分の興味のある分野の本、わかりやすい文章で書かれた本など、自分が読みやすい長さの本を選ぶと読書を継続しやすくなると思います。

自己啓発やビジネス書に限らずさまざまなジャンルの本を読むことで、新たな知識やアイディアを得ることができます。小説からでも学びを得ることもあります。

読書を習慣化するコツとしては

  • 読書の時間を決める
  • 読書の場所を決める
  • 読書の目標を決める

朝、昼、夜など、自分が集中できる時間帯を選んでください。場所も静かな場所で、リラックスできる環境が理想的です。お風呂なんかで読書をする人もいたりしますね。

あと、1日10ページ読む1週間に1冊読むなど、一日で何ページ読むとか決めておくと継続させやすくなります。

読書を習慣化するコツとして私のおすすめの方法はタレントさんや著名人なんかが紹介していた本を読むという方法です。
「あの○○さんがSNSでお勧めしていた本」というだけで話題性がありますし読んでおくと話のネタにもなります。

どんなジャンルの本でも良いので定期的に本を読み知識を吸収して、読書を習慣化して自己成長につなげていきましょう。

本を読んでモチベーションを上げよう

本を読んで仕事や生活のモチベーションにしましょう。
これは単純に成功した著名人などのドキュメンタリー本や自己啓発本などが有効です。

例えば有名な本ですとスティーブ・ジョブズ氏の「スティーブ・ジョブズ」や、フェイスブックの創業者のマーク・ザッカーバーグ氏の「フェイスブック 若き天才の野望」などです。
もうすでに成功している人たちですし、この方々の苦悩や成長、失敗、成功といったプロセスを読むことで自身へのモチベーションになること請け合いです。

あと定番ですが水野敬也氏の「夢をかなえるゾウ」、堀江貴文氏の「多動力」、アンジェラ・ダックワース氏の「GRIT(グリット)――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける」などもお勧めです。

内容の是非は置いておいて、著者のエピソードや成功事例を読むことで、読んだだけで何か成長したような気分になれます。

これらの本を読むことで、夢へのインスピレーションをもたらしてくれて、これまでより熱心に目標に向かって取り組むことが出来るようになります。

セミナーや講演会に行ってみよう

セミナーや講演会に行った経験がある人はそんなに多くないかと思います。

セミナーや講演会とはコンサルタントや作家・有名人などが開くものです。
コロナ禍の影響で最近ではオンラインセミナーが多くなってます、有名人などはオンラインサロンなどが主流となってますね。

ビジネス書や自己啓発本の巻末などにはその本の著者のセミナーや講演会や、自己啓発プログラムのセミナーなどの紹介がされていることがあります。気になるのがあったら是非参加してみてください。
ただ、ものによってはかなり高額なセミナーもあったりするのでそこは気を付けてください。

私が経験した中でセミナーや講演会へいってよかったと思う点をいくつか挙げてみます。

  • 読書した事とはまた別の知識を得ることが出来る
  • 内容への理解が深まる
  • 参加者同士のディスカッション
  • 作者本人や有名人に会える

参加してみると本に書いてあったこととは別の事例やエピソードなどを話してくれたりするのがほとんどです。
これは参加してる人のほとんどが本を読んでいるので、主催する側もそういった参加者への配慮もあってさらに詳細な話やエピソードなどを用意してくれてるのだと思います。

あとあくまでも私の経験談ですが、目の前で身振り手振りなど加えて話してくれると不思議と本を読むより内容が頭にすっと入ってくる感じがありますね。

また以前、参加した自己啓発のセミナーでは参加者同士のディスカッションというものがありました。あまり乗り気ではなかったのですが他の人の視点や悩みなどを聞いてみると、色んな視点や気づきを得ることができましたね。
同じ悩みや課題を抱えている人も多いのでとても参考になりました。

あとコミュニケーション能力の開発のセミナーに参加した時は、実践的なものを絡めて話を勧めてくれたので、ただ本を読むよりスキルを習得できた感じがありましたね。

作者本人にあえるのも大きなメリットです、直接指導してくれたり質問も聞いてくれたりします。作者本人から直接、心構えや大切なことについて話してくれるとより感銘を受けますね。

セミナーや講演会に行くことはただ本を読んだだけより確実に自己成長へとつながります。

実践して目標を達成しよう

最後は「実践して目標を達成しよう」です。

やはり本を読むだけでは残念ながら成長はしません。実践して色んな事を学んで初めてそこで成長できるようになります。

ただ実践する際には気を付けなければいけないこともあります、それは次の通りです。

  1. 本に書いてあった通りに実践する
  2. 他の人と共有し意見を聞く
  3. 途中で諦めずに続ける

実践する際はとりあえずは本で読んだ通りに実践してみてください。当然、書いてある状況とは違うので、そこは適宜調整しながら進めてください。本に書いてあった通りに実践と本に書いてあったことがどの程度効果があるのか分からなくなってしまいます。

「他の人と共有し他の人の意見を聞く」は誰にでもいいので現場にいた人に試したことの感想などを聞いてみてください。職場ですと上司なんかには意見を求めやすいと思います。

どんなことでもすぐにうまくいくわけではないので必ず途中で諦めずに続けてください。結果や周りの意見などを参考にしながら調整していき、様々な手段を試してみてください。

本に書いてあったことが結果に繋がらなかったり、自身の状況とはずれていたりなど思うようにうまく進まない場合もあると思いますが、別にビジネス書に書いてあることが全てではないですのでそこは気にしなくて大丈夫です。

何かしらプラスになればそれだけで十分に本を読んだ価値はありますし、成長へとつながっています。

自己啓発本やビジネス書を読むだけでは成長は出来ません、実践しそこでいろんな経験を得ることによって初めて自身への成長へとつながっていきます。

まとめ

自己啓発本やビジネス書は、人生や仕事に役立つ知識やスキルを学ぶための有効なツールです。

読書をしてヒントをもらい、実践すれば自己成長へとつながります。

初めは上手くいかなくてもいろんな本を読んで知識を吸収し読書を習慣化していけば、自分の能力を最大限に引き出せるようになっているはずです。